トップページ | 2009年3月 »

2008年3月

我が家最小の鳥様

鳥の魅力にドッブリはまって20年・・・
その中で大きな割合を占めるのは文鳥です。
結婚後すぐに迎えた文鳥が子孫を残し、
我が家には現在4世代目まで血縁があります。
鳥の可愛らしさの他に、ブリードという命の誕生の
素晴らしさに触れることができた、初めての鳥です。

次に迎えたのはオカメインコ。
文鳥との体格差・・・初めは慣れませんでした^^;
わかってはいたけど、こんなに差があるとは^^;
オカメの大きさに慣れると、文鳥が小さくて小さくて・・・
「文鳥より小さな鳥は、小さくてこわくて飼えない^^;」
とか思っていたのに・・・
少し悩みましたが、あまりの可愛らしさに我慢ならず、
文鳥より二回り程小さな鳥さんを迎えてしまいました!

鳥友さん家で2月半ばに生まれたキンカチョウchick
シナモン色の兄妹?姉弟?が、2週間前家族になりました^^
男の子はメイ、女の子はプル。合わせてメイプルちゃんです!

メイ♂
Dscn3241
プル♀
Dscn3244

仲良しさんです^^手前がメイ、お顔に少し男の子の片鱗が。
Dscn3253
手の中で寝ちゃいますsleepy
Dscn3274

私にも馴れてもらうために、お迎えするまで元親さんには挿し餌を切らないようにお願いしました^^
でもそろそろ一人餌になってもよい頃なので、試しにフィンチ用ペレットをプラケースの底にまきました。
とても挿し餌3回の仔達とは思えない食べっぷり!
すぐに挿し餌受けつけなくなりました。
結局、飼い主は3回くらいしか挿し餌してません
何とも手のかからない仔達です;;ちょっとさみしい
挿し餌は殆どしませんでしたが、よく馴れてくれてます
最近、ヒナ換羽なのかよく羽が抜けています。
メイは少しずつ男の子の顔立ちに^^
フィンチって本当に成長早いな~^^;

メイ
Dscn3421
プル
Dscn3443
私の好きな鳥の正面顔、2羽同時に^^
Dscn3414

| | コメント (2)

はじめまして

はじめまして、とりごやお世話係りのぷっちぃと申します。
飽きっぽい私、いつまで続くかわかりませんが、
我が家の可愛い鳥様たちを見ていただけたらな~と思い、
ブログを始めることになりました。
見苦しい親ばかブログになるかもしれませんが、
よろしくお願いしますconfident

初回の本日は最近お迎えしたマメルリハをchick

先週16日、鳥友さん家で2月半ばに孵った
ブルー♀のヒナヒナちゃんをお迎えしました。
2月後半に里子のお話をいただき、お迎えできる大きさに
なるまで、毎日楽しみに待っていました^^
お迎えしたら、可愛い名前を付けてあげたくて悩みまくります。
でも今回はお迎え前から決まっていたのです。
「いつか青い鳥さんをお迎えできたら」と温めていた名前です。
宝石「アクアマリン」からとって『アクア』と名付けました。

『アクア』 ブルー/イエローファロー ♀
まだ少し挿し餌のいる仔。お迎え当日の写真です。
Dscn3339

一週間経った今の画像はこちら。
少しずつツンツンが開いてきました。残るは頭部のみ。
Dscn3399

アクアをお迎え時、ひょんなことからもう1羽お迎えすることにcoldsweats01
昨年12月生まれの男の子。
宝石つながりで『ヒスイ』と名付けました。

『ヒスイ』 ノーマル/パイド ♂
半馴れですが、お迎えした日の夜は手の中で寝てくれましたhappy01
Dscn3338

マメルリハ、数年前に飼育書で写真を見た時、愛らしい姿に
「いつかはお迎えできたら」と思っていました。。
でも、1年前に神戸花鳥園でマメちゃんと触れ合った時、きつく噛まれたのです。あまりの痛さと、小さく可愛い容姿にひそむ凶暴さに少し引いてしまいました。
しかし、色んな鳥友さんのブログを見てると「お迎えできたらな病」が再発(笑)
今回、縁あって2羽もお迎えできることになりました。
アクアもヒスイもべた馴れにしたいな~happy02

| | コメント (8)

トップページ | 2009年3月 »